建売と注文住宅どちらがいいの?

マイホームを選ぶ際、注文住宅か建売住宅か・・・まずそこから決めることになります。

それぞれメリットもデメリットもあります。

まずは注文住宅。

いい点としては、その名の通り外観や内装、デザイン間取り、設備まで自由に選ぶことができます。

家族の理想が詰まった家を建てることができ、将来的なことを考えて増改築やリフォームがしやすいように作ることができます。

気を付けるべき点として、計画から設計、建設から入居までに期間が必要です。

楽しみに待てるとも捉えられますが、しっかり期間を見ておきましょう。

また、こだわり過ぎてしまうと、予算をオーバーしてしまいます。

事前に上限額を決めておきましょう。

建売住宅場合、多くはすでに完成しており、すぐに入居することが可能です。

モデルルームなどで外装や間取り、内装や設備まで確認することがあらかじめできるのがいい点です。

区画販売という、同じハウスメーカーが建てた家が数件建っている場合は、ご近所さんになる方もほぼ同時期の入居になるため、同じ立場で付合いがしやすくなるというのもメリットと言えます。

一戸建ての住宅は、注文住宅と建売住宅に分けられます。

注文住宅は設計を建築士に依頼し、施工会社や工務店などと建築工事請負契約を行い建ててもらう方法で、デザインや間取りから内装・設備まで自由に決めることができます。

一方で建売住宅は不動産屋やハウスメーカーと売買契約を行い建物を買う方法です。

すでにできているものもあれば、これから建てるというものもあり、すでに外観から内装や間取りまで決まっています。

どちらの方法で購入するにしても大切なマイホームで多くの人は一生に一回の大きな買い物です。

しっかりと家族で話し合い、将来の事も考えて注文住宅なのか建売なのか決めるようにしましょう。

それぞれメリットもあればデメリットもあります。

デザインや内装、間取りだけでなく、事前にしっかりと耐震性などの安全性や保証やアフターサービスなどの確認をし、数件の不動産屋やハウスメーカーに足を運び、いろいろと見て回るといいでしょう。