注文住宅のメリット

マイホームの購入を考えた時、もうすでに外装も内装も間取りも決まってる建売住宅から気に入ったものを選ぶケースと、一定の規定内で間取りや設備を自由に選べる注文住宅を選ぶケースがあります。

注文住宅とはオーダーメイドです。

なので外観から壁紙や設備まで要望に応えられる自由度の高さがメリットと言えます。

購入計画から実際に住むまでの時間はかかりますが、いろいろ家族で話し合って決めて作っていけるという楽しさがありますし、工務店やハウスメーカーがさまざまな要望に対して、相談に乗ってくれるため、理想通りの仕上がりが期待できるでしょう。

注文住宅のメリットは他にもあります。

それは金額面です。

イメージ的には注文住宅の方が高いと思われがちですが、家を建てるための建築資材や設備を自由に選ぶことができるので、例えば「耐震性や耐火性重視なので、建物そのものは頑丈に作って欲しい」

「キッチンや洗面台の設備は中古で購入してコストを抑えたい」

などの予算の調整ができるのです。

一部規定などでできない場合もありますので、設計前にしっかりと相談して決めるようにしましょうう。

.

家族の理想通りの外観や内装、間取りが実現できる注文住宅。

自由度の高さと、費用をかける箇所とかけない箇所とを明確にすれば費用が調整できるというメリットがあり、人気を集めています。

そして、住宅の建設の際には「住宅性能表示制度」

というシステムがあります。

これは注文住宅にも建売住宅にも適用される制度で、第三者の評価機関が検査することが多い為安心できるものです。

また、注文住宅でしたら建設工事中の現場へ足を運んで、現場担当者にいろいろ質問することができますし、構造や骨組みなどもきちんと確認できますので、もうできてしまっている建売住宅より安心と言えるでしょう。

.ですが、デメリットもあります。

それは計画から設計、建設から入居までに期間がかかってしまう事。

「楽しみに待てる」

と捉えることもできますが、こだわればこだわるほど時間はかかってしまいます。

あとは費用です。

先述したとおり費用調整ができますが、それを知らずハウスメーカーなどに言われるままに高いものばかりそろえてしまったら費用がアップします。

上限予算を決めて伝えておくといいでしょう。