注文住宅で気を付ける点

一戸建てのマイホームを考えた際に、まずは建売住宅にするのか注文住宅にするのかを決める必要があります。

イメージ的に注文住宅は高いと思われがちですが、実はそんなに変わらない場合が多いのです。

価格の面で言えば、建売の場合はすでにデザインや内装、間取りなど決まっており希望で変更はできないため、販売価格が明示されていますので、分かりやすく予算オーバーなども防ぎやすいです。

ですが、注文住宅は一定の規制内であれば希望通りが叶いますので、細かい部分までは実際に設計してみないと分からない為、価格が見えないことがあります。

理想通りの家になるのであればお金は惜しまないという考えの方もいらっしゃると思いますが、あらかじめ予算の上限を決めておき、ハウスメーカーなどに伝えておくとよいでしょう。

建物そのものの他に、外壁や駐車スペースなども必要になってくるとなるとその費用は別途・・・というあります。

あらかじめ確認をしましょう。

また、建売とは違い計画してから入居までに期間がかかってしまいます。

注文住宅でマイホームを考えた際に「どこのハウスメーカーに依頼するか?」

「デザインや間取りをどうするのか?」

と決めることも大事ですが、その前に建物を建てる為に必要な土地を探さなくてはいけません。

その際注意が必要なのが、その土地が建築条件付土地であるのか?

そうでないのか?

と言う点です。

 建築条件付土地というのは、その土地を購入した場合、そこに建てる建築物は決まったハウスメーカーなどが建てるという事がすでに決まっているというものです。

なので、「土地はこの場所がいいけど、依頼したいハウスメーカーが決まってる」

と言ったことができなくなってしまいます。

注文住宅を依頼したいハウスメーカーや工務店が決まっている場合は、条件のない土地を選ぶようにしなければいけないというのが注意点です。

ですが、建築条件付土地の中でも、複数のハウスメーカーや工務店から選択できるケースもあります。

なので、事前にしっかりと確認をしましょう。